Question and Answerよくあるご質問

Q1:子供が英語を勉強したことがなくて、いきなりオールイングリッシュで大丈夫なのでしょうか?

A : 初めは、日本語も使いながらスタートします。無理をしない範囲でわかることから使っていきます。
在校生のお兄ちゃんやお姉ちゃん達がオールイングリッシュで遊んだり、お勉強したりしていますので、一緒に生活をしていく中で自然に英語に変わっていきます。
入校されて1ケ月過ぎたころには、先生が英語で話すことは理解できますし早ければ3ケ月くらいから簡単な英語での会話もできるようになります。

Q2:一度も親元から離れたことがないのですが大丈夫ですか?

A:最初はほとんどのお子さんが泣いちゃいますね。でも、ここが大事!
お母さんも心配でしょうが「バイバイ!また後でね」といって送り出してあげてください。
お母さんの顔が見えなくなると、結構楽しく遊んだり学習したりできちゃうんです。

Q3:「プリスクール」か「英会話教室」かで悩んでいます。

A:もともとの学習方法も内容も違ってきます。ひとことで表現するとしたら、プリスクールは「英語で生活習慣や様々なことを学習し、英語を英語で理解をすることを身につける」にくらべ、英会話教室は「英語を学ぶところ」です。どちらの内容も体験された上で将来的にどうされたいか、またお子さんにあっている方を選択されるのがいいかと思います。

Q4:乳幼児期から英語だと日本語がわからなくなりませんか?

A:全く心配いりません。スクールを出て日常生活を送る場所は日本ですから日本語も自然に身につきます。
 「小学生に上がるときに、あいうえお くらい書けないと・・・」とご心配な親御さんには、
午後の時間に「あいうえお」を学習するコースもあります。

Q5:やってはいけないこと、やらなければいけないことなどいわゆる
日本の躾的なことは英語で理解できますか?

A:上のクラスになって英語で理解できるお子さんには理由を含めて英語で伝えます。
ただ、英語の経験が少なくて英語をうまく理解できないお子さんには、理由をきちんと日本語で話して
理解してもらいます。
お子さんたちは、動作や音で英語を記憶してますから内容を理解できていれば
次からは英語で言っても聞き分けてくれます。

Q6:いくつからはいれますか?

A:2歳になる年齢から入校いただけますが、英語で学習することが主ですので、個人差がありますがスクールの椅子にお一人で座れることが条件になります。